金魚のフン日記

強いものに迎合して生きています。


無益な情報をつぶやいています。

皐月。

5月に入った。

特に何も生み出していないけど、ゴールデンウィーク残り7日。

 

5月と言えば、5月病。

5月に限らず年中慢性5月病だ。

 

 

 

日曜日の楽しみと言えば、「乃木坂工事中」と「欅って、書けない?」である。

特に乃木坂工事中、というか乃木坂46に関しては、4thシングルの「制服のマネキン」あたりから応援していて、何度か握手会に行ったこともあるし、ライブにも行った。

 

youtu.be

一口に握手会と言っても、家に一番近い握手会会場だけじゃなく、遠い会場の握手会に行く、いわゆる「遠征」も何度かした。ライブに関しても同様。

 

個人的に1番良かったライブが「乃木坂46 アンダーライブ2ndシーズン」の10月14日公演。今でも日付を忘れない。当時のアンダーライブは六本木ブルーシアターという、比較的小さなキャパの会場で行われていて、メンバーと観客の一体感を売りにしていた。(と思う)

 

最近でもアンダーライブは行われている。会場は日本武道館や、東京体育館など、大きなハコになっている。アンダーのみの全国ツアーも行われている模様。

 

ブルーシアター公演を観た者としては、あの一体感はブルーシアター(かZeppあたり)でしか出せないような気がして、ちょっと複雑だ。

 

もう握手会にもライブにも頻繁には行けないので、ひっそりと番組とブログを観てデレデレさせて頂きます。

 

 

欅坂46は、乃木坂46の妹分として結成された。

乃木坂ファンとしては、当然注目する。

先日もちょろっと紹介したように、欅坂46はほかのAKBグループに比べてメッセージ性の強い歌詞が特徴的だと思っている。

乃木坂46も、比較的メッセージ性の強い楽曲が多く、「君の名は希望」なんかは、音楽界の著名人が挙って絶賛している。

 

欅坂46は結成されてまだ間もないので、メンバーのキャラクターがまだまだ掘り下げられてない。それを掘り下げている段階の「欅って、書けない?」が面白い。

 

乃木坂46は良くも悪くもバラエティ慣れしてきて、企画がなんだかなぁというのも相まって「乃木坂工事中」はつまらないという声が多い。僕もそう思う。

 

まぁあんまり両者を比較してはいけないけど、番組も続きで放送されているし嫌でも比較してしまう。乃木坂工事中も前身の「乃木坂ってどこ?」の時代は面白かったし、仕方ないのか。

 

面白い面白くないは置いておいて、どちらの番組も、ただ可愛い女の子を観ることができるという理由で毎週欠かさず見ている。